浮気調査

浮気相談窓口調査ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵社に不倫調査を依頼する際、個人情報をできるかぎり知られたくないと思う人はけして少なくありません。最初の見積りのときは個人情報はなくても大丈夫な会社も多いですし、まず聞いてみることが大事です。
しかし、いざ依頼するとなると契約や詳細説明は必須ですから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは了承していただくほかありません。

 

配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の額が必要です。探偵の調査業務にかかる料金は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで3日で12万ないし14万くらいはかかるとみておけば間違いありません。
請求は調査内容や調査期間で変動するものの、何を依頼するにも50万から60万くらい用意しておくと不足はないと思います。不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思う人は多いでしょう。

 

とはいえ不倫は些細なことから始まるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、無関心でいてはいけません。普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。一緒にいて怪しい点があるときは、浮気調査を探偵にしてもらえば、早くに不安感を解消できますし、精神的にも負担が少ないと思います。

 

 

パートナーの浮気に気づいたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。

 

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠をゲットするのはトラブルの要因にもなりかねませんし、代わりに探偵社に依頼することも検討すべきです。

 

 

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。

 

 

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの被害から個人を保護するために制定されたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。
誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、もしくは不倫の事実から20年以内でも構わないそうです。それに、時効期限が近づいているときでも、訴訟に持ち込めば、時間経過をリセットできるんです。期限まで間がないときは、裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。

 

 

 

一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。
あながち嘘ではないでしょう。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、知られたらみんな去っていくと怯えてずっと暮らしていくのです。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、ストレスは相当なものでしょう。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、ラッキーと思うでしょうが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、調査期間が長引くことが予想される際は受け付けてもらえないこともあるそうです。
さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際はかなりの代金を請求されることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

 

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけです。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。ですから、不倫の調査をしてもらう分には、区別して考えることはないということです。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、業者によって異なるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。

 

 

 

それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場での利用を考えているなら、やはり証拠として認められるよう、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと困りますよね。

 

 

調査報告書の利用方法を考慮した末、業者を選定すると良いでしょう。

 

 

 

ほんの火遊びのつもりでも、妻にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。許しがたい不貞行為を黙認することはありません。浮気の裏付けをとる方法は身近なところでスマホや携帯電話ですよね。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えてきました。

 

 

 

スマホが主流となっている今、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに浮気の証拠が残っているというのは当然でしょう。
いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、不倫の証拠はスマホの中にあると思われます。

 

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

 

興信所や探偵を利用する事由の大半は、身辺調査だと思います。
基本は浮気ですね。なんとなく行動が怪しいから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

 

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、やはりプロの探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。特に不倫調査なんて要らないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも用心してかかったほうがいいのです。
出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

 

 

一緒にいて怪しい点があるときは、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、メンタル面でもプラスになると思います。パートナーの不倫が露見したら、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。
ただ、落ち着いてきてからで構わないので、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。

 

 

 

浮気なんていうものは、やってしまった人間が「有責」なのです。

 

精神的にはまだまだ慰めにならないかもしれませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、請求しましょう。やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう例も少なくないようです。交際相手とのやりとりが見つかって、一応反省はするものの、またしても我慢できなくて浮気する可能性はおおいにあります。
胡散臭いと思うようなところがあれば、興信所などを使って調査してもらい、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、お灸をすえてやりましょう。

 

どのへんまでを浮気というのかは、その人の倫理観によっても違うでしょう。たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気したと言って怒る人もいます。

 

実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば精神的にはどうであれ不貞となるのですが、結婚生活に波風を立てないためには、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手の言動を否定しないこと。

 

要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。
男性の自尊心を優先し、妻としての外見への心配りも怠らず、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと思うのです。私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。本人たちにとっては遊びのつもりでも、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くついて当然でしょう。まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。

 

 

 

不倫はバレたら最後。

 

高い賠償を払って償っていかなければいけません。
配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。

 

なるほど、もっともです。

 

しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、その証拠を握っておいたほうが不利にはならないですからね。

 

 

現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。
このごろは技術が進み、個人でもGPS機能を使えば浮気を発見できるようになったのは有難いことです。GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それをプレゼントすれば、今いる場所を知ることができます。法律に触れることはないので、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSを使えば便利だと思います。
探偵を使い慣れている人はいないでしょう。

 

 

そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこにしたらいいんだろうと悩むのが当然です。
業者は公安委員会に届けを出す必要があり、申請が認可されると認可番号が交付されます。違法な会社や怪しいところでないかは、この番号を見れば確認できます。
つまり、業者のウェブサイトに許認可番号があるかどうかはチェックするべきです。

 

興信所に不倫調査等を頼む際は、だいたいの相場について知っていないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。

 

 

 

2時間で2万円台あたりを考えておく必要がありますから、安いものではありません。
仮に尾行の日数を増やそうものなら、依頼者の費用負担は増加するため、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。不倫の行動追跡調査で、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。この法律が発効されたのは平成19年です。
それ以前は探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの被害から個人を保護するために策定されたのです。

 

かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。

 

素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。

 

近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、業者の誠実さなどはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。
代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いわりに調査がイマイチな会社に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を調べて依頼するのが一番です。
一般的に不倫の証拠に使える写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンは決定的です。撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、証拠としては使えないレベルであるケースが非常に多いです。
証拠として認められる品質のものを撮影しなければ意味がないので、その道のプロである探偵に依頼するほうが現実的です。

 

浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、業者によってかなりの違いが出てきます。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、最低でも二社以上で見積書を提示してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査の無駄を省くことができ、費用圧縮になります。
浮気の気配を感じたら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、業者が行う無料相談を試してみるのがいいでしょう。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、見知らぬところに浮気調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。
そのような不安を少しでも減らすために、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。

 

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくるのは覚悟しておかなければなりません。

 

普通、慰謝料で請求される金額は、先方夫妻が結婚を継続するか否かで相応の差が出てきます。離婚「しそうになった」からといって高額すぎる慰謝料請求があった場合、冷静になって、弁護士に入ってもらうことです。
配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との日常生活に飽きたからだそうです。言葉は違っても結局はそれみたいですね。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が結果的に浮気という形で出てくるのです。そういった事態を避けるには、忙しくても時間を設けて、双方が不安なこと、不満なこと、いろんなことを確認しあうのが必要ではないでしょうか。スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。

 

 

ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。

 

 

 

もしかして元カノかと、チェックしてみましたが、なんと、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。

 

 

 

かくなる上は探偵の出番かとも思うのですが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

 

どうしたらよいのか、ためらっているところです。不倫は家庭も人も壊します。そのような中で傷ついた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。専門家に話を聞いてもらいながら、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

 

 

最も身近な人物に欺かれていたために、別れたあとも人間不信を引きずってしまい、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。
それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。裏切っていることに対してあらためて申し訳ないという気持ちが生じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌気がさしてきたりするようです。

 

それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、今までの罪の意識も手伝って、別れようという気持ちになりやすいといわれています。

 

 

興信所の仕事と聞いて、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。対象にそれと悟られないよう追跡しながら、不倫等の証拠を押さえることです。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、追跡する側はターゲットの行動を見越しておく必要があります。
予想しえないことに備えて動くのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

 

 

 

調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。
肝心の支払方法ですが、全国展開しているような大手だと分割払い(クレカかローン)OKという業者もあります。すぐ不倫の調査を依頼したいのに、費用面が心配というときは、分割OKの事業者に依頼するのも手だと思います。